2.3次元より愛を込めて

ゲーム紹介、VR+AI+ロボット考察、糸島グルメをゆる~い感じで書いてますー


歩きながらの閲覧はお控えください

コメントが出来ない問題を解消しました

【2.5次元】WiiUの神ゲー「スプラトゥーン」がドイツの国交省に褒められる!?

ソパ!
ナワバリ主張してる?
 
任天堂信者には朗報です。
なんと、スプラトゥーンがドイツのゲームアワードで
「最優秀インターナショナルマルチプレイゲーム」に選ばれました!
 
わー!ぱちぱちぱち!
 
で、これがどれくらいめでたいのかよくわからん筆者は
ドイツコンピューターゲームアワード(DCP)を調べてみました。
 
DCPはドイツの交通・デジタルインフラ省(BMVI)やドイツ国内の業界団体が
サポートしている賞だそうで、開催は今年で8回目。
14の部門賞があり、基本的にはドイツ製ゲームに与えられる賞ですが、
2015年より3つの国際カテゴリ「マルチプレイ」「ベストゲーム」
「Spielwelt(遊びの世界)」が新設。
ということです。
 
この、国際カテゴリ「マルチプレイ」において「スプラトゥーン」が
受賞したわけですが、
「ベストゲーム」「Spielwelt(遊びの世界)」では「The Witcher 3」が
選ばれたようです。
 
ちなみに2015年はというと、あの「ハースストーン」が受賞しています。
 
おお、なんとなく凄い様な気がしてきました。
 
ついでなのでBMVIを調べてみました。
 
「省は、トランスポートおよびデジタルインフラの連邦大臣が率います。
彼は、座標と省と63執行機関の合計を含み、部署の仕事を担当しています。
大臣はまた、ドイツ連邦議会のメンバーである3議会状態幹事、によって彼の作品に支持され、
二つの永久状態の秘書によってれます。
これらの5つの最も上級職員は、政府の部門と会員のヘッドとして彼の機能で大臣を支援します。」
 
何を言っているかわからないですが、
とりあえず、デジタル部門にも力を入れている省庁のようです。
 
あれ?
スプラトゥーンってドイツでも発売されてるの?
え?
発売されてない?
そうなんですね…。
 
ちなみに、「ガチマッチ」はドイツ語で「Rangkampf,m」だそうです。
 
さてと、C+をB-に戻す作業に戻るか。
 
 
広告を非表示にする