2.5次元より愛を込めて

クラシックゲーム、最新ゲーム、VR、AI、ロボット、糸島グルメを紹介!


歩きながらの閲覧はお控えください


【2次元】イナズマイレブン新作か?日野社長の決意を感じた

ソパ!
熱血してる?
 
筆者は心は熱血ですが、
見た目はちっとも熱血じゃないので
冷静に見られがちです。
いわば「坂本ですが?」の「坂本くん」タイプ。
いや、あんなにスタイリッシュじゃないけどw
 
 
■「イナズマイレブン」が復活?
 
よると、「イ」の熱血タイトルが復活するそうです。
 
 
まぁ、どう考えても「イナズマイレブン」ですね。
やたー!
というわけで、今回は「イナズマイレブン」についての
考察をしてみたいと思います。
 
 
■「イナズマイレブン」ってどんなゲーム?
 
イナズマイレブン」を知らないという方に簡単に説明すると、
サッカーとRPGを足した様なゲームと思ってください。
「冒険しながらサッカー」というわけですね。
 
もともと、ファミコンで発売された「キャプテン翼」が
RPGサッカーゲームとしてあったわけです。
これをいい感じに改良してパク…いや、仕立てあげたのが
イナズマイレブン」だと言っても差し支えないでしょう。
 
必殺技のようなシュートやディフェンス、
パス回しなどを駆使して、強敵を試合で破る。
まさに「キャプ翼」!
それを、圧倒的ボリュームで成し遂げているのが「イナズマイレブン」というわけです。
 
以下は「イナイレ」世代の簡単な年表です。
 
2008年8月22日
無印
2009年10月1日
ファイア/ブリザード
2010年7月1日
スパーク/ボンバー
2010年12月16日
ジ・オーガ
 
2011年12月15日
シャイン/ダーク
2012年12月13日
ネップウ/ライメイ
2013年12月5日
ビッグバン/スーパーノヴァ
 
こうやって見ると、案外毎年出してたんですね。
 
 
■「世代」を育てる
 
日野社長のツイートで、「世代」について触れられていました。
監修し、「三世代」にわたる主人公を描くことで、
「世代」に対してアプローチを試みました。
 
しかし、筆者は「AGE」は物語の展開が早すぎたのかなと思っています。
「AGE世代」を育成するには時間が足りなかったのではないでしょうか。
 
そうした中での「イナズマイレブン」発表。
 
初代イナズマイレブンの主人公「円堂守」が
イナズマイレブンGOの主人公「松風天馬」にタスキを渡したように、
実世界のタスキも次の世代(子供たち)へと受け継がれます。
 
そして、その世代がまた次の世代へと受け継いで、
脈々と続いていくのが「イナズマイレブン」だと。
日野社長はそう位置づけることを決心したようです。
 
 
■まとめ
 
翼くんは翼くんであり続けてしまった。
悟飯は悟空の代わりにはなれなかった。
 
しかし、「円堂守」が「松風天馬」へタスキをうまく渡すことが出来た
イナイレ」は次の「イナイレ」でも大きく成長して帰ってくるでしょう。
 
そして「イナイレ」で育った世代が新しい「イナイレ」世代を育てる。
次々にうまれるであろう「イナイレ」世代をレベルファイブは上手く育てる事ができるでしょうか?
 
3年ぶりの新作。
どんな主人公が、熱血サッカーを見せてくれるのか
公式発表を楽しみに待つとしましょう!
 
<<< 読者募集中!
 
広告を非表示にする