2.3次元より愛を込めて

ゲーム紹介、VR+AI+ロボット考察、糸島グルメをゆる~い感じで書いてますー


歩きながらの閲覧はお控えください

コメントが出来ない問題を解消しました

【2.5次元】AIの「ワトソン」先生、教壇に立つ!未来の授業はAIがするの?

ソパ!
学校の先生は良い人かい?
 
もしも、学校の先生がアンドロイドだったら
気づくことができるだろうか?
 
アメリカ、ジョージア州にある
ジョージア工科大学インタラクティブ・コンピューティング学部の
オンライン講座は毎年300人ほどが参加し、約1万件の質問が投稿される。
そこに、「ジル・ワトソン」という名の女性の
ティーチングアシスタント(TA)が現れた。
 
ティーチングアシスタント (Teaching Assistant)とは、大学などにおいて、担当教員の指示のもと、
学生が授業の補助や運用支援を行うこと、あるいはそれを行っている学生のこと。
基本的には大学院生が多い。 TAとも略される。
Wikipediaより引用
 

f:id:ito2-5:20160513122014p:image

 
ジルは8人のTAにと一緒に生徒の質問に回答していた。
 
すると学生たちはおよそ1ヶ月間、ジルが「AI」であることに気づかなかった!
なんたることだ!
 
AIの基礎はIBM人工知能「ワトソン」を使用。
約4万件の過去データを学習させ、3ヶ月間は人間が回答をチェック。
不適切な回答を修正しジルを成長させた。
そうして投入されたジルは見事に仕事をこなし、
1ヶ月もの間、生徒を見事に騙しきったのだ。
 
このAIの研究は引き続き行われ、
2016年末までに40%の質問に回答できる見通しだという。
 
いま教壇に立っている先生は本当に人間だろうか?
アンドロイドに教育される生徒たち。
「ゆとり」どころの問題ではない。
だが、楽しみでもある。
人間の探究心とは恐ろしいものだ。
 
浦沢直樹氏が描いたプルートウの世界を
どうやら、死ぬまでには見れそうだ。

 

PLUTO (プルートウ) 全8巻完結セット (ビッグコミックス)

PLUTO (プルートウ) 全8巻完結セット (ビッグコミックス)

 

 

 


他の方のブログも見たいかたはコチラからどうぞ

 
にほんブログ村 ゲームブログへ
 

 


▼▼▼ブログで仲間をあつめよう▼▼▼

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

 

 

スポンサーリンク
おもちゃ・ホビー・ゲーム
もしもアフィリエイト
 
広告を非表示にする