読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2.5次元より愛を込めて

クラシックゲーム、最新ゲーム、VR、AI、ロボット、糸島グルメを紹介!

【3次元】自動配達ロボット「スターシップ」の登場で僕たちの生活は便利に快適になるの?

ロボット ニュース
ソパ!
しあわせに生活してるかい?
 
筆者はだんだん便利で快適になる世の中にちょっと不安を感じる。
まぁ、初めてのものに警戒心をもつのは本能なんだと思う。
 
今回は近未来が近いと思わせるロボットを紹介しよう。
 
■夢の自動配達ロボ登場!
 
スカイプの共同設立者Ahti Heinla氏とJanus Friis氏による「スターシップテクノロジーズ」の発案。
ヨーロッパ5都市で、小型デリバリーロボット「スターシップ」のテストを開始する。
宅配される商品はピザなどリュックひとつ分の商品だ。
 
宅配時の移動は車道ではなく、歩道を通行するそうでこれまでのテストで事故は一度もない。
それもそのはず、「スターシップ」はコントロールセンターから人間が監視しながら操縦するのだ。
これまでのテストで40万人以上に荷物を届けているらしく、それでも事故が無いのはすばらしい。
 
ロンドンの配送コストは1回につき約1570円(約12ポンド)かかるそうだ。
これを「スターシップ」に置き換えることで約130円(約1ポンド)に削減できるとの試算がでている。
 
「スターシップ」が一度通った道は9つのカメラで記録され、ほかの機体とも共有される。
さらに機体にはマイクとスピーカーが内蔵されていて、オペレーター(人間)が受け取る人の質問に答える。
オペレーター1名で最大100台の「スターシップ」を管理できるそうだ。

f:id:ito2-5:20160708125830j:image

 
■どんな人が利用するか
 
これまで配達を利用してきた人たちにとってはとても魅力的なのではないだろうか。
なにせ、人が運ばないというだけでプライバシー侵害の心配が減る。
配達される時間も細かく指定できるだろうし、24時間対応されるはずだ。
ただし、利用料金は高くつくと思われるので、お金に不自由していない層が利用するだろう。
芸能人にはうってつけだ。
 
■自動配送ロボの弱点
 
さて、この「スターシップ」の外観を見る限り、どんな悪路でもOKというわけではなさそうだ。
歩道を使うということなので、ある程度きれいに舗装されている道が必要なのだろう。
ようするに田舎では使えないということだ。
 
それと、防犯の心配がある。
治安の良い地域などでは善良な市民があたたかく「スターシップ」の移動を見守ってくれるだろう。
だが、そうではない地域は少なくない。
おそらく「スターシップ」を襲う事件が起こるはずだ。
もちろんカメラが9台もついているので、犯人はすぐに見つかるかもしれない。
だが、犯行そのものを抑える事はできない。
必ず、なにかしらの策を考えて襲撃することだろう。
 
そのとき「スターシップ」はどうするか。
 
■自衛する自動配送ロボ
 
商品や「スターシップ」本体を守るために武装されることは簡単に想像がつく。
さらに、オペレーターが100台を同時に操作することは難しいだろうから、AIが搭載される事も想定できる。
 
「スターシップ」は自分で判断し、自衛をするロボットになるはずだ。
配達する「タチコマ」だと考えられる。
 
タチコマ」とは「漫画、アニメ作品『攻殻機動隊』シリーズに登場する架空の兵器」だ。

f:id:ito2-5:20160708125832j:image

 
■問題は尽きない
 
配達が自動化されることで、当然人間の仕事がうばわれることになる。
一人が8時間かけて配達していた仕事を、ロボット100台で10分ですませようというのだ。
これまで配達を仕事にしてきた人は「スターシップ」を恨んだりしないだろうか。
ロボットによって職を失う場面は今後も増えていくだろう。
 
■僕たちはどうしたらいいか
 
便利で快適な生活には必ず犠牲があるものだが、「幸福」をうばってはいけないと思う。
便利を追い求めるあまり、人間の心をなくしてしまっては、本当の「幸福」は得られないだろう。
人間がより人間らしい生活をするには、やっぱり人と人が直接つながる事が大事なんじゃないだろうか。
 
<<< 読者募集中!
 
 
[3D]Our life with the advent of the automatic delivery robot "Starship" is a convenient comfortable?
 
Sopa!
Happy to whether you are living?
 
I feel a little anxiety in the world to become increasingly convenient and comfortable.
Well, I think I'm instinct is to have a wariness in the first of its kind.
 
This time, try to introduce the robot to think that the near near future.
 
■ automatic delivery Lobo appearance of a dream!
 
Brainchild of "Starship Technologies" by the co-founder Ahti Heinla Mr. and Janus Friis said Skype.
In five European cities, to start a test of a small delivery robot "Starship".
Instruments that are courier's Luc one worth of products such as pizza.
 
Movement at the time of delivery is not a roadway, in a test of the ever so to pass the sidewalk accident is not even once.
That should be it, "Starship" seems to maneuver while monitoring human from the control center.
It seemed to deliver the luggage to more than 400,000 in the test so far, but still have no accident is wonderful.
 
Delivery cost of London is about 1570 yen per time (about 12 lbs) it take so.
They have come up with estimates that it can reduce this to about 130 yen by replacing the "Starship" (about 1 lbs).
 
Road "Starship" has passed once recorded at nine cameras are shared with other aircraft.
In addition to the aircraft have been built-in microphone and speaker, answer the questions of the human operator (human) receives.
It so can manage up to 100 units of the "Starship" in one person operator.
f:id:ito2-5:20160708125830j:image
 
■ what people will use
 
It would not of a very attractive for people who have used the delivery so far.
After all, fear of invasion of privacy is reduced just because a person does not carry.
It will time to be delivered can also be specified in detail, it should be available 24 hours a day.
However, the fee seems to be expensive, would the layers that are not crippled in money to use.
Perfect to entertainer.
 
■ automatic delivery Lobo weakness
 
Well, as long as they see the appearance of the "Starship", it is not likely mean that OK any bad road.
It means that use the sidewalk, probably need road, which is to some extent clean pavement.
Thing that can not be used in short is in the countryside.
 
At the same, there is a security concern.
In such a good area of ​​security will us to watch the movement of the good citizens are warm and "Starship".
But, no not the case region is small.
Should happens probably incident to hit the "Starship".
Of course, the camera also comes with a nine, the culprit might be found soon.
But, it is impossible to suppress the crime itself.
Certainly, it would be to attack thinking some kind of plan.
 
At that time, "Starship" is if you want to.
 
■ automatic delivery robot to self-defense
 
Be armed in order to protect the products and "Starship" body will arrive is easy to imagine.
Furthermore, since it would be difficult to operator operates the 100 units simultaneously, also conceivable that the AI ​​is mounted.
 
"Starship" ought to determine on their own, become a robot to the self-defense.
Deliver suspect a "Tachikoma".
 
It "cartoon, fictional weapons that appeared in anime" Ghost in the Shell "series" and "Tachikoma".
f:id:ito2-5:20160708125832j:image
 
■ problem is not exhausted
 
By delivery is automated, will of course that human work is deprived.
A job that one person had been delivered over a period of 8 hours, we called it Sumaseyo in 10 minutes at 100 robots.
This person has been a delivery to work up to wonder not Dari grudge against the "Starship".
Scene to lose their jobs by the robot will go more and more in the future.
 
■ Do I do what servants
 
Thing that there is always sacrifice in convenient and comfortable life, but I think that should not deprive the "happiness".
Too much to pursue the convenient, is lost the human mind, the real "happiness" will not be obtained.
In humans to a more human life, I wonder is after all human and people not it important be directly connected.
 
広告を非表示にする