2.3次元より愛を込めて

ゲーム紹介、VR+AI+ロボット考察、糸島グルメをゆる~い感じで書いてますー


歩きながらの閲覧はお控えください

コメントが出来ない問題を解消しました

【2次元】エニックスご乱心!?「鈴木爆発」はクソゲーじゃない

ソパ!
毎日、爆発してる?
 
筆者は「芸術は爆発だ!」世代なので爆発と聞くとどうしても岡本太郎氏がでてきてしまう。
だが、もう一つ爆発と聞いて思い起こすものがある。
 
それが、今回紹介するこのクラシックゲームだ。
 
「鈴木爆発」
対応機種:PlayStation
発売日:2000年7月6日
価格:5800円
開発:SOL
 
 

比類なき爆弾解体ゲーム

 
タイトルからも想像できるとおり、爆弾を解体するゲームである。
 
爆弾を解体するだけのゲームは後にも先にも「鈴木爆発」くらいだろう。
主人公「鈴木さん」が出会うあらゆる物体が爆弾だ。
 
爆弾が登場して解体。
解体してはまた爆弾。
 
爆弾につぐ爆弾。
それが「鈴木爆発」だ!
 
こんなゲーム、マトモじゃない…。
 
 

わかりやすいゲームシステム

 
ゲームシステムはとても分かりやすい。
制限時間内に爆弾を解体するのが目的だ。
 
使う道具は、ドライバー、六角レンチ、スパナ、ニッパー、セロハンテープなど。
どれも日常で使うようなものなので親しみがある。
 
操作もシンプルで直感的だ。
 
だから意外とゲーム初心者にもオススメできるゲームだったりする。
 
 

シュールな世界観

 
タイトルからも想像できるように内容もシュールだ。
 
まず、爆弾が普通じゃない。
・みかん
・アイスコーヒー
・電球
・ドアノブ
などなど…
 
意味不明だ。
いや、意味など無い。
そこに爆発する物体があるだけだ。
 
そして、ストーリーもこれといって明確な話がないまま、シュールな展開をみせる。
その割には豪華な俳優が出演しているのだ。
・YOU
・SHELLY
などだ。
なにげに凄い。
 
有名な俳優の若い時をみられるのは、レトロ実写ゲームの魅力のひとつだろう。
 
※他にも「ユーラシアエクスプレス殺人事件」、「the FEAR」などがある
 
 

加藤浩次さんと鈴木さん

 
極楽とんぼ加藤浩次さんはみなさんご存知だろう。
逆にゲーム中の「鈴木さん」を演じた緒沢凛さんを知ってる人は少ないと思う。
 
この二人、実は夫婦だ。
 
「鈴木爆発」をプレイした加藤浩次さんが、緒沢凛さんに一目惚れし、あの手この手を使って近づき、結婚までしてしまったというまるでドラマのような展開を現実にしてしまったのだ。
2001年にご結婚されているので、約1年で結婚したというわけだ。
加藤さんの行動力におどろかされる。
 
 

まとめ

 
「鈴木爆発」はクソゲーとも呼ばれているが、筆者はそうは思わない。
 
確かにシュールすぎるストーリーについていけない部分もある。
もっとたくさんの爆弾を解体したいとも思う。
 
けれど、爆弾を解体する緊張感は他ではなかなか味わえないし、プレイの手軽さも最近のゲームにはなかなか無い。
実はマトモなゲームだ。
 
残念なのは、他のゲーム機でプレイすることが出来ないタイトルであること。
PS1とゲームディスクがないとプレイできないのだ。
 
プレイできる環境がある人はなんとかソフトを入手して「鈴木さん」のファンになってみて欲しい。
 
※そういえばPS3であればPS1のソフトが動くのだった…。
 
 


どちらかお好きな方で応援をお願いします!
▼▼▼▼▼▼

 
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
広告を非表示にする