2.3次元より愛を込めて

ゲーム紹介、VR+AI+ロボット考察、糸島グルメをゆる~い感じで書いてますー


歩きながらの閲覧はお控えください

コメントが出来ない問題を解消しました

【2次元】スマホにマリオが来た!「スーパーマリオラン」2016年12月15日配信

ソパ!
スマホ持ってる?
 
筆者はガラケーだがタブレットがあるので安心だ。
なにが安心かって、ついにあれが出るのよ!
 
スマホアプリにマリオが出るのよ!
 

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピューター
 

 

スマホでマリオ

 f:id:ito2-5:20160909132424p:plain
©2016 Nintendo
 
ついにスマートフォンでマリオが出来るようになる!
タイトルは「スーパーマリオラン」!
 
 
このニュースは2016/09/08のiPhone7の発表会で報告された。
まずは、アップルの発表会で任天堂がソフトを発表したことに驚いた。
 
これまで、スマートフォンにソフトを出すことを控えていた任天堂がアップルと協力しているなんて!
どれだけ内緒ですすめてきたのだろうか。
あちこちの会社と、たくさん話し合いをしてきた事を考えると、大変なことだ。
 
ちなみに、「スーパーマリオラン」は2016年12月から「iPhone先行」でリリースされる。
Androidは少しおあずけだ。
 

 

 
 

どうやって動かすの?

 
ゲームの内容はとてもシンプル。
 
マリオは自動で走る。
プレイヤーが画面をタップすることでジャンプする。
 
これだけだ。
「え?それだけで面白いの?」
と疑問に感じる人も多いかと思う。
 
任天堂もそれなりにそこは心配しただろう。
しかし、マリオメーカーでは大量の「自動クリアコース」が作成された。
ユーザーは操作しないマリオを充分に楽しんだのだ。
 
更には3DSのダウンロードソフト「チャリ走」のヒット。
ゲームのシステムとしては「スーパーマリオラン」とおなじだ。
 
これで任天堂もこんな自信をもったのだろう。
 
「ジャンプだけでも楽しめる!」
 
もちろんスマホでは同様の「自動で走ってタップでジャンプ」といったゲームは多い。
だが、そこは任天堂
これまでにない仕掛けで楽しませてくれることは間違いないだろう。
 
 
 

任天堂が考えていること(予想)

 
スマホに続々と自社タイトルをリリースする任天堂
 
次に狙うのは次世代機「NX」のヒットだ。
 
NX」がいろんな人に楽しんでもらえるように、スマホユーザーを取り込むつもりだろう。
いわゆるゲーマーではない人たちだ。
 
こういった人たちが「NX」に集まるために任天堂はいろんな仕掛けをだしてくる。
「miitomo」や「スーパーマリオラン」はその一角だ。
この後もどんどんスマホでゲームを出すだろう。
 
スマホで出来るゲームは「NX」でも出来るんじゃないだろうか。
逆に「NX」で出来ることはスマホでは出来ない可能性がたかい。
 
こうなってくると、「NX」がどうしても欲しくなる。
自然とユーザーがゲーム機を欲しくなるのだ。
 
筆者は任天堂ファンなので、何もなくても「NX」買っちゃうけどね。
 
あー、あと、マザーとか欲しいよね~。
出ないかなぁ。
 
 
 

まとめ

 
スマホでマリオが遊べるようになるのは大きい。
任天堂のゲーム機がなくても「任天堂」を知ることができるのだ。
 
子供をおとなしくさせるためにスマホを与える親もいる。
ということは、自然と子供に「任天堂」が定着する。
 
任天堂」で育った子供は大きくなっても「任天堂」を忘れない。
 
こうして、任天堂は人々に楽しさを与えながら受け継がれていくのだろう。
 
※2016/09/14追記
マリオの作者「宮本茂」氏が直接紹介してくれるムービーが公開。
 
 
※2016/11/16追記
iPhoneiPad版の配信日が12月15日に決定!
最新の動画も公開されて、いよいよ気分が高まってきた!
 
 
 


他の方のブログも見たいかたはコチラからどうぞ

 
にほんブログ村 ゲームブログへ
 
 
 


▼▼▼ブログで仲間をあつめよう▼▼▼

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

 

 

スポンサーリンク
おもちゃ・ホビー・ゲーム
もしもアフィリエイト
 
広告を非表示にする