2.5次元より愛を込めて

クラシックゲーム、最新ゲーム、VR、AI、ロボット、糸島グルメを紹介!


歩きながらの閲覧はお控えください


【3次元】シャープとヤマハが開発、歌う掃除機「COCOROBO(ココロボ)」が素晴らしい!

 
 

ソパ!
掃除してる?
 
筆者はあまり掃除はしない。
家にいないからだ。
でも、ホコリはたまるので定期的にはしたいところ。
 
そんなとき、ロボットが掃除してくれたらなぁ~。
「ド、ドラえも~ん!」
 
というわけで、今回は掃除するロボットの紹介。
 
 
 

シャープが開発した掃除ロボットの新機能

 
ロボット掃除機といえば「ルンバ」が有名だが、国産のロボット掃除機も負けてない。
シャープが開発したロボット掃除機「COCOROBO(ココロボ)」は少し変わった機能がついている。
 
「ココロボ」は、AI「ココロエンジン」を搭載している。
「ココロエンジン」はちょっとした会話や音声操作を可能にするAIだ。
 
「ルンバ」がただ掃除するだけなのに対して、かなりフレンドリーな掃除機となっている。
しかもおしゃべりは標準語と関西弁を選択することもできてしまうのだ。
 
実はここまでの機能は既に発売済みでいつでも手に入れられる。
5万円~6万円程度だ。
 
 
そして、新しく追加される機能はこれだ!
 
VOCALOIDがお好みの歌を歌ってくれる機能!!
 
「ココロボ」は「歌う掃除機」というわけだ。
 
 
 
 

ココロボたんに癒やされる

 
「ココロボ」にはキャラクターも設定されている。
キャラクターデザインは漫画家の「霜月絹鯊」さん。
キャラクターボイスは声優の「木戸衣吹」さん。

f:id:ito2-5:20161005102448j:plain

 
 
シャープはヤマハと共同で「COCORO MUSIC A.I.エンジン」を開発、搭載している。
「COCORO MUSIC A.I.エンジン」は利用者の気分や状態を会話から感じて、オススメ曲を歌うそうだ。
 
しかも、楽曲再生後には感想を聞いて、どんな曲が好きかを覚えていくらしい。
 
良いねぇ。
好みの曲を覚える機能はウォークマン等にもあったけど、AIで選曲するのは珍しいかも。
 
こういったAIの使い方、「人間をなごませる」ってのはいいよね。
AIってどうしても殺伐としたイメージになりやすいもんね。
 

どんな曲を歌うのか?

 
「ココロボ」が選曲する歌はボカロPが作成。
シャープ公式楽曲として次の5曲が内蔵されている。
 
・「ラブリーアンサンブル」れるりり/猫的工房
・「ハナウタ日和~掃除・洗濯・家事・ワタシ~」40mP/たま
・「cocorovoice」tilt-six/コロン/Thanks.PVC
・「ALL*DAY*LUV」U-ske/Kor/まきのせな
・「ASHIOTO」赤髪/中村彼方/もとあさこ/まきのせな
 
 
5曲ってチョット「少ないなぁ~」と思ったが、将来的には「クラウド経由で選曲」とか「音楽配信サービスのとの連携」が想定されているので一安心。
 
音楽クラウドサービスの「spotify」と連携したら面白そうだ。
 
ボカロ曲以外も再生してくれるようになったら、欲しい人もふえそう。
 
コミュニケーション系のロボットは会話は得意だけどそれ以外は何も出来ない場合が多い。
それにくらべて「ココロボ」は掃除が出来るという点がイイ。
 
ただ、お掃除ロボットは人が家に居ない時に働いて欲しいのだけどね…。
 
 
 

まとめ

 
さっきも書いたがやはりAIが「人をなごませる」というのは素晴らしい。
本物の人間関係も大事だが、たまには何も考えず「癒して欲しい」と感じるときがある。
 
そんなときにそっと寄り添うAIやロボットがいるのは嬉しい。
 
AIが好みの音楽をかけて、掃除をしてくれる。
さらに進んで、洗濯や炊事もしてくれたら、一人暮らしも捗りそう。
しかも、落ち込んだときに励ましてくれたりしたら最高だね。
 
ただ、あんまりやりすぎると「AI依存症」なんてことも起こりそうだけどね。
 
※2016/10/05現在 VOCALOID搭載機の発売は未定 
 
 
 


他の方のブログも見たいかたはコチラからどうぞ

 
にほんブログ村 ゲームブログへ
 
 
 


当ブログと繋がりたい方はコチラ

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
 
 
広告を非表示にする