2.3次元より愛を込めて

ゲーム紹介、VR+AI+ロボット考察、糸島グルメをゆる~い感じで書いてますー

歩きながらの閲覧はお控えください


【2.5次元】DS版「二ノ国」はとても良いゲーム!家でじっくりプレイしてみよう!

ソパ!
本、読んでる?

筆者は本を読むより、まずはゲームだ。
そんな父親とちがって、娘は本が好きだ。

今回は、その本好きの娘もハマるゲームを紹介。


「二ノ国 漆黒の魔道士」

www.ninokuni.jp

対応機種:ニンテンドーDS
発売日:2010年12月9日
価格:6.800円
開発:デジタルワークスエンターテインメント

www.dworks-ent.co.jp



もくじ


ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピューター

スタジオジブリ制作協力の「二ノ国」

「二ノ国」はPS3版もあるけど、今回はDS版を紹介。

f:id:ito2-5:20170104165459p:plain
©2010 LEVEL-5 Inc.

まずは、アニメの絵に目をひかれる。
それもそのはず。
「ラピュタ」や「トトロ」で有名なスタジオジブリが協力しているのだ。

ゲームの所々で挿入されるアニメーションムービーももちろんジブリが協力。
ゲーム風の表現に何度もダメ出しをされて、やっと完成させた素晴らしいアニメーションだ。

ストーリーはよくある感じだけど、感動しちゃう内容。
子供でも安心して楽しめる話だ。

なんなら、ジブリがアニメ映画化しても良さそうな感じさえする。

音楽は「久石譲」氏。
もう、まんまジブリだ。

でも、「二ノ国」は何故か評価が高くない。

RPGだから複雑?
戦闘が難しい?
何処に行ったらいいかわからない?

どれも当てはまらない。
とっても、丁寧に親切につくられた良いゲームなのだ。

だけど、評価が高くない。
その原因は、ゲームに付属の「マジックマスター」にある…。


魔法の書「マジックマスター」

DS版の「二ノ国」には「マジックマスター」と呼ばれる本が付属する。
ゲームとは別に、辞典のような本がついているのだ。

f:id:ito2-5:20170104165714j:plain

本がまるごと付いてくるゲームは、後にも先にも「二ノ国」しかない。
そして、この「マジックマスター」がゲームのクリアに必要な本なのだ。

DSという携帯ゲーム機のゲームでありながら、本がないとクリアできない。
結果、「ゲームを外へ持ち出してプレイできない」のだ。
ここが、評価が高くない理由だろう。

ところが、この本を実際に手にして見ると、とても良く出来ている事に気づく。
普通の本とくらべても全く見劣りしない。
むしろ、本だけでも欲しくなるほどの作りだ。

ゲーム内では「マジックマスター」という名前で魔法書として登場する。
本物の「マジックマスター」にも魔法の使い方が書いてある。
その絵の通りにDSに絵を書くと魔法が使えるというわけだ。

f:id:ito2-5:20170104170048j:plain

「マジックマスター」はそれだけじゃない。
数々の謎が本の中に散りばめられている。
その謎を解くことでゲームが進んだり、有利になったりする。

はっきりいって、面白くないわけがないのだ。
しかも「マジックマスター」の文章には全てひらがなが振ってある。
子供でも安心して楽しめる。

実際、筆者の娘は6歳のときにこの本を読んで、一緒にゲームをしていた。

外に持ち出すのは難しいけど、家でじっくりプレイするには最適だ。


「二ノ国II レヴァナントキングダム」

そして、「二ノ国」の新作が発表された。

www.ninokuni.jp

2017/01/04現在、PS4で2017年に発売されること以外はなにもわかっていない。

だが、期待してしまう。
やっぱり「二ノ国」がいいゲームだったからだろう。

そして、ジブリ作画のアニメーション。
宮﨑駿氏が監督業を引退してからは、ジブリ作品をみる機会もへってしまった。

ゲームの中で、ジブリ作品を見れる、触れるというのは特別な体験だ。

youtu.be

発売まで楽しみに待っていよう。
たとえ周りの評価が低くても、きっと良いゲームになるだろう。


まとめ

「二ノ国 漆黒の魔道士」は、面白い。
クソゲーと言われているけど、普通に面白い。

特に子供、小学生にはたまらない内容じゃないかなぁ。
自分だけの本「マジックマスター」も最高の演出だ。

中古屋で激安で売っていたら是非買ってプレイして欲しい。
こんな良いゲームなかなか無いんだけどなぁ~。

ニンテンドーDSのソフトだけど、3DSでもNew3DSでも2DSでも遊べるよ!




他の方のブログも見たいかたはコチラからどうぞ

にほんブログ村 ゲームブログへ



▼▼▼ブログで仲間をあつめよう▼▼▼

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!



スポンサーリンク
おもちゃ・ホビー・ゲーム
もしもアフィリエイト