読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2.5次元より愛を込めて

クラシックゲーム、最新ゲーム、VR、AI、ロボット、糸島グルメを紹介!

【3次元】AIで管理するエレベーター登場!もうムダに待ったりしなくていいの!?

ソパ!
遅刻はどれくらい許せる?

筆者はわりとテキトウなので、他人の遅刻にもうるさくない。
でも、機械が遅かったりするのは超嫌い。
パソコンの動きが遅いとイライラもMAXになる。

今回は、なかなか来ないエレベーターへのイライラが解消されそうな話題。


もくじ


ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピューター

エレベーターにAIを活用

f:id:ito2-5:20170314160325p:plain
©KONE

やっとエレベーターが賢くなる!

「AI」を搭載したエレベーターが登場した。
開発したのはフィンランドのエレベーターメーカー「Kone(コネ)」

つかわれる「AI」はIBMの「ワトソン」君。
このブログでも何回か紹介した有名AIだ。

ito2-5.hatenablog.com


エレベーターに「AI」を使うとどうなるか?

24時間の監視ができるようになるのだ。
エレベーターがクラウドに向けて、利用状況を報告、確認を勝手にする。
人間はその記録をあとから見ればいいというわけ。

監視員が24時間張り付いて、当直とかする必要がなくなるのだ。
ビルの管理がグッと楽になるんじゃないだろうか?


AIとクラウドが話し合う

f:id:ito2-5:20170314160459p:plain
©KONE

エレベーター「6階で待機。気温は20.5度」

クラウド「了解。素晴らしいわ」

エレベーター「待機中」

クラウド「了解」

エレベーター「状態:6階で待機中」

クラウド「忍耐ね」

エレベーター「乗客を待っている」

クラウド「了解」

エレベーター「湿度13.4%。6階で待機中」

クラウド「乾燥中ね。よかったわ」

エレベーター「アメリカの乗客を待っている」

クラウド「私も待ってるわ」


これは、実際にエレベーターとクラウドが話をしている内容。
もっと、機械的な感じかとおもったけど、わりと人間的。
流石、「ワトソン」君といったところか。

エレベーター側が男性の声で、クラウド側が女性の声というのも、人間的に感じられる理由かも。
ちなみに、このAI同士の会話は以下の公式サイトでいつでも見られる。
リアルタイムで更新されるので結構面白い。

machineconversations.kone.com


AIエレベーターへの期待

24時間監視が「AI」で出来るようになった。

でも、「AI」を使う目的はそれだけじゃない。
「KONE」はディーブラーニングによる、効率化を目指している。

エレベーターを待っている時に、賢くないな~と思うことがある。
近くにある方のエレベーターが来ない時とか。
朝の出勤時間に、人を降ろした階で止まってるとか…。

f:id:ito2-5:20170314160728p:plain

ところが「AI」だと、利用される時間や、状況なんかを総合的に考えて動くのだ。
使う側もエレベーターは賢い方が嬉しい。

さらに、エレベーター本体の状況を自動で判断する事も想定されている。
エレベーターが自分で、メンテナンスの予約をしたりするそうだ。

もちろん、メンテナンスはまだ人間の仕事。
だけど、将来的には危険な作業はロボットがやるはずだ。

そしたらエレベーターはAIとロボットに全部おまかせになるんじゃないかな?


まとめ

「コネ」のエレベーターはまだ英語仕様。
日本のエレベーター企業もこれを取り入れてほしいね。
そしたら、日本語でやり取りする様子が見れて面白そう。

日本語化の際には是非、声優に気を使って欲しいね。
日本のユーザーは声にウルサイですからw



他の方のブログも見たいかたはコチラからどうぞ

にほんブログ村 ゲームブログへ



▼▼▼ブログで仲間をあつめよう▼▼▼

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!



スポンサーリンク
アイデアあふれる商品で明日をもっとおもしろく
おもちゃ・ホビー・ゲーム
もしもアフィリエイト
広告を非表示にする