読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2.5次元より愛を込めて

クラシックゲーム、最新ゲーム、VR、AI、ロボット、糸島グルメを紹介!

【2.5次元】「テグザー」の栄光と影、そして光。大人になった少年は経済をまわす

ロボット クラシック ゲーム

ソパ!
レーザー好き?

筆者は、とにかく「レーザー」というものにときめいていた。
グラディウスでも真っ先に「レーザー」を取ったものだ。

今回は、その「レーザー」が無くなったゲームの話。


もくじ


ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピューター

「テグザー」との出会い

f:id:ito2-5:20170315153025p:plain
出典:Oh!FM-7

何もかもがまぶしかった

子供の頃、親戚の家に行くことが度々あった。
そんなある日、イトコのベッドルームに鎮座していた黒いパソコン「FM-7」

その中で動いていた「あるゲーム」に目を奪われた。

飛行形態からロボットへ、スムーズに変形をする自機。
迷路のようなステージをくぐり抜けるスピード感。
いかにもSF的な見たこともないエネミー。

そして、自機からまばゆく放たれる自動追尾レーザー!

その全てがスタイリッシュに見えた。
それが「テグザー」との出会いだった。


ファミコン版「テグザー」

パソコン版の発売と同じ年、1985年12月。
ついに「テグザー」がファミコンに移植された!

自分の家であの「テグザー」ができる。
それは子供の自分にとって、神様が地上に降りてくるような衝撃だった。

ところが、その期待は大きく裏切られる。

どういうことだ?
これは「テグザー」じゃないのか?

レーザーがでない!


f:id:ito2-5:20170315153108p:plain
出典:テレビゲーム攻略道

あのまばゆい「テグザー」はそこにはなく、ただ漫然と少年を殺しに来る無機物が横たわっているだけだった。
「テグザー」の難しさはハンパない。

クリアを待たずして、押入れの奥深くに封印されたのは想像に難くないだろう。


それでも少年は…

だけれど、いまでもあの「まばゆさ」は消えていない。

思い出補正といわれてもかまわない。
あの時の気持ち、それは本物だったんだと今でも思う。
思い出は永遠なのだ…。

そんな折、ネット上で「テグザー」を再び見かけることになる。

f:id:ito2-5:20170315153203j:plain
出典:電撃ホビーWeb

www.akihabara-beep.com

なんと「テグザー」が立体化されたというのだ!

しかも、カッコイイ!
「テグザー」開発者のインタビューが掲載されたムックも付いてくる!

これは欲しい!

完全に青春の思い出として君臨した「テグザー」
その栄光を再び感じたい。
そう思いながら、PS3版「TEHXDER NEO」の購入を検討するのだった。

テグザーネオ|スクウェア・エニックス

f:id:ito2-5:20170315154643j:plain
©2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Original THEXDER ©1985GAME ARTS/h.godai/s.uesaka


まとめ

ファミコン版で地に落とされた気分になったゲームの一つ。
ファミコンだから仕方がないとはいえ、やっぱりモヤモヤしたものだ。

あと、「テグザー」は今の時代、まったくおすすめできない。
正直な所、難しすぎるし、ゲーム性も微妙だ。

それでも、あの「まばゆさ」が忘れられないんだよね。
それが初恋ってやつなんだろうなぁ~(違)



他の方のブログも見たいかたはコチラからどうぞ

にほんブログ村 ゲームブログへ



▼▼▼ブログで仲間をあつめよう▼▼▼

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!



スポンサーリンク
アイデアあふれる商品で明日をもっとおもしろく
おもちゃ・ホビー・ゲーム
もしもアフィリエイト
広告を非表示にする