2.5次元より愛を込めて

クラシックゲーム、最新ゲーム、VR、AI、ロボット、糸島グルメを紹介!


歩きながらの閲覧はお控えください


【3次元】吉野家が「CORO®」というロボットを導入!食器洗いを手伝う!?

サヴァ!
お手伝いしてる?

筆者は子供の頃は家事の手伝いはしなかった。
でも、娘はしっかりお手伝いしてる。
偉くて何度も褒めちゃう。

今回は、たぶん何度も褒めたくなるロボットの話題。

もくじ


ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピューター

吉野家がロボットを導入

f:id:ito2-5:20170329173128j:plain
出典:liferobotics.jp

吉野家ではロボットが食器洗いを手伝います

大手牛丼チェーンの「吉野家」にロボットが導入される。
食器を洗うのを手伝うロボットだ。

ロボットの名前は「CORO®(コロ)」
ライフロボティクスという会社のロボットだ。

ライフロボティクス株式会社|ライフロボティクス

「コロ」のコンセプトは「協働
人間の仕事を奪うのではなく、一緒に働こうということだ。

ロボットやAIが人間の仕事は奪うようになるって言われている。
でも、実際は「協働」ってのが一般化しそうだなぁ。

まぁ、いずれAIと人間は一つになるのかもしれないし…
人間あってのAIや、ロボットだもんね。


「コロ」の仕事

「コロ」が吉野家でどの様に使われるのか見てみよう。

f:id:ito2-5:20170329173148j:plain
出典:liferobotics.jp

洗浄機を通ってコンベアから運ばれてきた食器を…


f:id:ito2-5:20170329173203j:plain
出典:liferobotics.jp

「コロ」が仕分ける。


これだけだ。

ある程度食器がたまったら従業員に知らせてくれる。
もちろん、洗浄機に入れるのも従業員。

「コロ」の仕事は流れてきた食器の仕分けだけだ。

とはいえ、こういったちょっとした仕事が、ムダに時間がかかる原因だったりする。


「コロ」の効果予想

吉野家が「コロ」の導入を決めた理由のひとつに「導入が簡単」というのがあるだろう。

「コロ」はシンプルな動作をする。
このために、動作の予測が簡単。
横で働く従業員が動きを予測しやすいから安全というわけだ。

さらに、狭い場所でも設置できる。
作りがシンプルなので、本体が小型。
だから吉野家のキッチンのような狭い場所にも置ける。

そして「コロ」が導入されることで従業員の負担が減る。
「足腰への負担」
「食器の破損による怪我」
「手荒れ」
こういった問題から解消される。

吉野家によると、1店舗で1日約1300個の食器を洗っているらしい。
かかる時間は2.3時間。

「コロ」を使うとなんと0.5時間!

2時間以上かかっていた作業が30分で済む。
それだけでも導入する価値があるとおもう。

f:id:ito2-5:20170329173355p:plain


まとめ

ロボットと協働することで、人間の負担が減るのはイイね。
仕事が無くなるのは困るけど、減るのはイイ。

吉野家のような忙しい飲食店は、人間の負担が減ることで、サービスが良くなるかもしれないしね。

単純作業はロボットで、人と人が接するところは人間で。
そういう、「働き分け」みたいなのがこれから進んでいくのかなぁ~?



他の方のブログも見たいかたはコチラからどうぞ

にほんブログ村 ゲームブログへ



▼▼▼ブログで仲間をあつめよう▼▼▼

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!



スポンサーリンク
アイデアあふれる商品で明日をもっとおもしろく
おもちゃ・ホビー・ゲーム
もしもアフィリエイト
広告を非表示にする