2.5次元より愛を込めて

クラシックゲーム、最新ゲーム、VR、AI、ロボット、糸島グルメを紹介!

【3次元】AIがツイートでインフル予測!あなたの「つらみ」が役に立つ!?

サヴァ!
Twitterしてる?

筆者はかなりのツイ廃になってしまった。
というのも、独り言は昔からのクセだから
相性が良いんだと思う。

今回はそんなツイートがムダにならないという話題。


もくじ



TwitterとAIでインフル予報

開発したのは奈良先端科学技術大学院大学の研究グループ。

Twitterの投稿内容を収集して、
インフルエンザの患者数、流行のピークを予測する。

仕組みはこうだ。

  1. インフルエンザにかかる
  2. 「熱が出た」「吐き気がする」のツイートが増える
  3. AIで言語処理
  4. 患者数を推計

ちなみに、2012年~2015年には700万件のツイートを分析。
国の調査よりも2週間早くインフルエンザ流行を把握したらしい。

全国の「つらみ」ツイートが役に立っているというわけだ。

f:id:ito2-5:20170421171251p:plain


AIによる感染症予測

研究グループによると、
他の感染症でも応用ができるとのこと。

  • コレラ
  • デング熱
  • 花粉症
  • 感染性胃腸炎

その他の感染症についても、
すぐに予測できるようになるだろう。

f:id:ito2-5:20170421171311p:plain

ただ、ツイートがあってこその予測。
ツイートが少なければAIも判断できない。

花粉症や、ノロウィルスなどが予測出来るのは
本当にありがたい。

特に子供をもつ親としては、
そういう情報はできるだけ早く欲しいものだ。

というわけで、みんなジャンジャンツイートしてね。


未来の感染症予測

Facebookが研究しているという、
脳波でテキスト入力する技術が普及すれば
考えただけでツイートできる。

言い換えれば考えただけで
インフルエンザの予測ができるというわけだ。

f:id:ito2-5:20170421171401p:plain

さらに技術が進めば、
体温や脈拍などをリアルタイムで計測、
こうしたデータを集めることで、
ツイートなどしなくてもAIが自動で病状を把握できる。

もちろん、全国の病状を集計して、
感染症の予測もできてしまう。

まぁ、外に出なくなって、
感染症に感染しなくなるほうが先かもしれないけどね…


まとめ

医療関係のAI技術はとても役に立っている様子。
以前もがん患者の命をAI「ワトソン」が救ったよね。

医療はとにかく専門的で難しくて、
たくさんのデータとの勝負だから、
AIが活躍しやすいのかも。

個人的にはAIで睡眠を改善して欲しいわ~。
(ゲームしすぎ)



他の方のブログも見たいかたはコチラからどうぞ

にほんブログ村 ゲームブログへ



▼▼▼ブログで仲間をあつめよう▼▼▼

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!



スポンサーリンク
アイデアあふれる商品で明日をもっとおもしろく
おもちゃ・ホビー・ゲーム
もしもアフィリエイト
広告を非表示にする