2.5次元より愛を込めて

クラシックゲーム、最新ゲーム、VR、AI、ロボット、糸島グルメを紹介!


歩きながらの閲覧はお控えください


【3次元】コミュニケーションロボット「HACO」はスタンダードになる?株式会社「Yoki」が目指す「楽しい」技術

サヴァ!
能動的に動いてる?

会社で働いていると、どうしても指示待ちになりやすい。
自分から「これやっておきます」と動ける人はデキル人だろう。

今回は、能動的なロボットとその会社の紹介。


もくじ



株式会社「Yoki」が目指すロボット社会

f:id:ito2-5:20170509143238j:plain
©Yoki

株式会社Yoki公式HP

画面に依存しない情報端末をつくる。
シンプルで使っていて楽しくなれる情報端末をつくる。
操作される前に能動的に動ける情報端末をつくる。
私たちは、このような情報端末をロボットをとおして現実のものにします。

実際にあったら嬉しいロボット。
そんな夢みたいなロボットを実現させようとしている。

第一弾は「HACO
木製のコミュニケーションロボットだ。

f:id:ito2-5:20170509143349j:plain
©Yoki

なにこれ。
可愛すぎる。

お値段は「3万円代」を予定しているそうだ。(2017/05/09現在)
お手頃価格がとてもイイ。

これは嫁氏が欲しがるに違いない。
さっそくプレゼンしておこう。

ロボホンは高すぎて断念していたので
絶対「買う」と言うはずだ。


代表取締役社長:東出風馬氏

株式会社Yokiの創立は、2017年2月15日。
AIやロボットが一般化する世代に生まれた会社だ。

社長の「東出風馬(ひがしでふうま)」氏は、
中学2年のときに起業を決めたという。


2017年の写真がこちら。

f:id:ito2-5:20170509143409j:plain
株式会社Yoki代表取締役社長:東出風馬氏

はい、イケメン~!
俳優?
モデル?

これは世の女性がほっとかないだろう。
まだ若いので惑わされないように頑張ってほしい。
(余計なお世話だw)


これからのロボット

さまざまなロボットが大手起業から
発売されようとしている。

そのなかでも「HACO」が目指す、
「操作される前に能動的に動ける」
というのは大きなウリだ。

人間の好みや状態を感じ取って、
それに合わせた提案ができるということだ。

大手が開発してるロボットには無い。

f:id:ito2-5:20170509143519j:plain
©Yoki

さらに、「HACO」はあとから機能を
付け足すことも考えられている。
持ち主が育てることができるロボットともいえる。

しかも値段が安い。
だれでも手に取れるから広く普及する可能性が高い。

これからのロボットは「HACO」が
スタンダードになるのかもしれない。


まとめ

この記事を書いている時点で東出氏は17歳。
もはや嫉妬を通り越してお父さんのキモチだ。

こんな若い世代がどんどん新しい技術を吸収して
新しい世界を作っていくんだろうなぁ。

宇多田ヒカルが登場した時と似た衝撃だ。
しびれるわ~。

東出氏はこれからのロボット業界を引っ張る
ような大物になるんじゃないかな~?

いいぞ~、もっとやれ~!



他の方のブログも見たいかたはコチラからどうぞ

にほんブログ村 ゲームブログへ



▼▼▼ブログで仲間をあつめよう▼▼▼

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!



スポンサーリンク
アイデアあふれる商品で明日をもっとおもしろく
おもちゃ・ホビー・ゲーム
もしもアフィリエイト
広告を非表示にする