2.5次元より愛を込めて

クラシックゲーム、最新ゲーム、VR、AI、ロボット、糸島グルメを紹介!


歩きながらの閲覧はお控えください


【3次元】細胞にプログラムをインストールする技術登場!

ソパ!
インストールしてる?
 
なにをインストールするかって?
ゲームに決まってるでしょ!
 
と言いたいところですが、筆者の
WiiUはHDDが少なくてゲームの
インストールが出来ません。
だれかHDDください。
 
さて、そんなインストール業界に
新しい波がやってきました!
 
なにをインストールするかって?
DNAですよ!
 
何を言っているのかわからないかもしれないが、
人間の構造を司るDNAにプログラムを
インストールして希望した機能を追加できるらしい。
 
これまでも研究の段階で、細胞のリプログラミングや
モリー、センサーといった機能の追加が可能になって
いたけど、とにかく難しくて大変とのこと。
 
ところが、今回、米マサチューセッツ工科大学(MIT)など
からなる研究チームがDNA の反応に合わせて論理的に
組み立てられるプログラミング言語を開発したみたいです。
論文によると、
「高校生でも望みの機能を実現するDNAシーケンスを組める」
らしいですよ。
 
この言語はテキストで記述でき、DNAが反応するシーケンスに
コンパイルして細胞内へ流し込むことで、その細胞内に意図した
機能を実現する回路が生成されるんだそうです。
 
用意された機能は約60種類あり、ブドウ糖や酸素の濃度に反応します。
これらDNAパーツはいまのところ、大腸菌でのみ機能するようですが、
今後は言語の改良によって他の菌との"互換性"も確保できるとのこと。
さらにプログラマーが自作した機能を追加できるカスタマイズ性も備えて
いるのでとにかく簡単らしい。
 
ちなみに言語のベースになったのはデジタル回路シミュレーションに
使われる「Verilog」だそうです。
バルログじゃありません。

f:id:ito2-5:20160504102331j:image

研究チームはこのプログラミング言語で以下の様な応用ができるとしています。
・がん細胞を発見した時に抗癌作用のある酵素を出す細胞を作る
・お腹を壊す元になる乳糖の消化を促進する酵素を生み出すバクテリアを作る
 
なんだか平和的なことを言っていますが、逆もしかりですよね。
 
特定の音楽を聞くことで暴徒化する細胞が作れるかもしれません!
助けてワルキューレ
 
というわけで、未来に「ルンピカ」の筆者がお届けしました。
 

 

一度だけの恋なら/ルンがピカッと光ったら

一度だけの恋なら/ルンがピカッと光ったら

 

 

 
広告を非表示にする