2.5次元より愛を込めて

クラシックゲーム、最新ゲーム、VR、AI、ロボット、糸島グルメを紹介!


歩きながらの閲覧はお控えください


【3次元】ホンダ「アシモ」のライバル登場か!?トヨタのロボット開発の可能性を探る

ソパ!
トヨタの自動車乗ってる?
 
筆者は乗ってない。
維持費の面からスズキの軽自動車にのっている。
愛着も有り非常に満足してるのだが、
日本人としてはやっぱりトヨタの自動車に憧れる面もある。
 
そんなトヨタから、近い将来ロボットが生み出されるかもしれない。
 
自動車会社のロボット開発といえばホンダのアシモが有名だ。
二足歩行を中心に開発されたアシモは随時研究が行われ進化している。
 
一方、トヨタ人工知能会社を2016年1月に正式稼働させた。
Toyota Research Institute(TRI)」
Pratt CEOは
「生活の様々なシーンにおいて、すべての人々により良いモビリティをご提供することで、より豊かな暮らしの実現に貢献することができると確信している」
と語った。
 
トヨタは更に別方面からもロボットに対して意欲的だ。
 
通信会社KDDIとの協業が発表されている。
 
概要としては「世界中の自動車の情報を収集して蓄積する」ということらしい。
自動車に関する巨大なデータベースが構築されるだろう。
このデータベースを活用すれば、運転に関するコンシェルジュ的な機能を
人工知能化して自動車に搭載することが出来そうだ。
端的に言えば「進化したカーナビロボット」の実現といったところだろうか。
 
更にトヨタはBoston Dynamics社を買収するのではないかと噂されている。
Boston Dynamics社といえば、4足歩行ロボットなどで有名だ。
 
このロボット技術と、トヨタの技術がフュージョンすれば、誰でも乗れる「ロボット馬」が実現し、乗馬ブームが訪れるかもしれない。
 
そして、トヨタが開発した新技術、「自動車運転中の危険な状況下でハンドル操作を引き継ぐ」という。
 
その名も、「ガーディアンエンジェル」!
 
ネーミングがスゴイ!
日本語にすると守護天使
 
なぜエンジェルなのか定かではないが、とりあえずトヨタの公式HPには一切記載がない。
公式には認めてないようだが、こうした2次元寄りのアクションがあるところを見ると、ロボット開発もあながち妄想というわけでもなさそう。
 
以下はトヨタとは関係ないガーディアンエンジェルだ。
 
これらとトヨタフュージョンするところを想像し、
新しいロボットの登場を待ちたい。
その時は、もちろんこのブログでも紹介するつもりだ。
非常に楽しみである。
 
<<< 読者募集中!
 
 
広告を非表示にする