読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2.5次元より愛を込めて

クラシックゲーム、最新ゲーム、VR、AI、ロボット、糸島グルメを紹介!

【2.5次元】新世代ライブの幕開けか、「きぐるみライブアニメーターKiLA」に期待!

ソパ!
ライブ行ったことある?
 
筆者はメタラーだったので音楽ライブには良く通ったものだ。
やっぱりライブはサイコー!
生の緊張感とミュージシャンとの一体感は他ではなかなか味わえない体験だと思う。
 
そんなライブにも新しい波が訪れようとしている。
それが、アニメ系ライブだ。
 
映画「ガールズアンドパンツァー」でも話題になった「観客が盛り上がれる映画」やアニメキャラクター達による2.5次元ライブなどだ。
詳しいことはココではあえて説明しないので、気になる人はGoogle先生に尋ねてみよう。
 
これらライブ系アニメに新しい技術を組み込むとどうなるか。
それが今回紹介する「きぐるみライブアニメーターKiLA」だ。
 
低価格なモーションキャプチャーバイス「Perception Neuron」を利用し、装着者の動きにあわせてリアルタイムで3Dキャラクターを動かす事ができる。
声優さんが装着し演じる事で、アニメキャラクターがそのままライブしている状態を作り出せるという代物だ。
 
きぐるみライブアニメーターKiLA公式サイト
 
ということは、わざわざ声優がステージに出てこなくても、キャラクターがそのまま紅白歌合戦に出演できたりするわけだ。
 
そして、当然のように「KiLA」を使った「生配信アニメ」も行われるようだ。
 
なりあ☆がーるず
ゲネプロを見たところモーションには若干不安があるものの、やはりライブの緊張感というのは伝わってきて「生」であることの良さは出ていると思う。
これからはこうしたアニメライブが世の中を席巻するかもしれないというのは行き過ぎた妄想だろうか。
 
そして、将来はこれらをネットにつなげたVRで配信し、演者にも観客が見えるようになるとますますライブ感が増すだろう。
家に居ながらにしてドームライブを体験するといった事も夢じゃない。
 
初音ミク」や「シオカラーズ」のライブをVRで体験出来る未来はそう遠くないだろう。
斜陽になりつつある音楽業界において、ミュージシャンが音楽を人々に届ける新しい架け橋になると元メタラーの筆者としても嬉しい。
 
<<< 読者募集中!
 
 

[2.5D]A new generation or live of dawn, expected to "yellow costume live animator KiLA"!
 
Sopa!
Live Have you been there?
 
The author is something that has passed through well to live music because it was Metara.
After all live is soooo!
Sense of unity with the raw tension and musicians think the experience that does not taste quite the other.
 
A new wave in such live trying to Otozureyo.
It is, it is animation system live.
 
It has become a hot topic, even the movie "Girl and Panzer", "audience Moriagareru movie" I, such as 2.5-dimensional live by and anime characters have.
So detailed it is not dare described in here, people anxious Let's ask Google teacher.
 
What happens when incorporating the new technology in these live-based animation.
It is the "yellow costume live animator KiLA" to introduce this time.
 
Using a low cost motion capture devices "Perception the Neuron", it is possible to move the 3D character in real time according to the movement of the wearer.
By play voice actor is wearing, but stuff that able to produce a state in which the animated characters are live as it is.
 
Can costume live animator KiLA official site
 
That is, even if not come out to bother voice actor the stage, but not character or can simply appeared in the Red and White Singing Contest.
 
And, it seems also carried out naturally "raw delivery animation" using "KiLA" as.
 
Naria ☆ Girl
Although the motion was seen a Generalprobe there is anxiety somewhat, I still think has come out of the good of the things it has been is transmitted because tension of live is "live".
I wonder is excessive delusion because these anime live might dominate the world in the future.
 
Then, the delivery in VR is that connected them to the net in the future, will increasingly live feeling increases and also so the audience can see the performers.
Not a dream also like to experience while staying dome live in the house.
 
Future that can be experienced in VR live "Hatsune Miku" and "Shiokarazu" will not be so far away.
In the music industry, which is becoming a sunset, musicians also happy as the author of the original Metara become a new bridge to deliver the music to the people.
広告を非表示にする