読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2.5次元より愛を込めて

クラシックゲーム、最新ゲーム、VR、AI、ロボット、糸島グルメを紹介!

【2次元】WiiUの秀作「ベヨネッタ2」を嫁さんにプレゼンして買ってもらおう!

ソパ!
お小遣いもってる?
 
筆者はお小遣い制ではないので、基本的にお金がない状態。
そんな状態でどうやってゲームを買うのか?
嫁さんに熱心に「これが欲しい」アピールをするのだ。
 
というわけで、今回は「これがほしい」アピールを記事にしようという試み。
 
題して「ベヨネッタ2を嫁さんにプレゼンして買ってもらおう!」だー!
 
 
■「ベヨネッタ」ってなに?
 
デビルメイクライ」を作った「プラチナゲームズ」が協力して開発したスタイリッシュアクションゲーム。
2009年発売なのでもう7年も前のゲームだが、熱心なファンが多い。
 
デビルメイクライ」はスタイリッシュな主人公で人気だったが、ベヨネッタはさらに上の次元を目指したということらしい。
敵の攻撃を華麗に避け、連続攻撃を叩き込む快感はなかなか他のゲームでは味わえないだろう。
 
 
■「ベヨネッタ2」はWiiU専用
 
続編となる「ベヨネッタ2」はWiiU専用のソフトだ。
ベヨネッタ1」はXBOX360PS3で発売されたのに、なぜか「ベヨネッタ2」はWiiU専用。
その理由はあえて追求しないが、深い事情があるのだろう。
 
さて、そんなWiiU版には素敵な特典がある。
なんと!「ベヨネッタ1」が同梱されているのだ。もちろんWiiU版だ。
ということは、1本ソフトを買うだけで、1と2の両方、2本分が楽しめるというわけ。
 
太っ腹じゃないですか!
さらに任天堂コラボコスチュームの「キノコ王国のロイヤルドレス」など3種類が用意されている。
任天堂感が満載でステキだわー。
 
 
■敵は誰なのか?
 
ベヨネッタは魔女だ。
いや、若干違うけれども。
500年の眠りから覚めた彼女は記憶喪失になっている。
かすかな記憶を頼りに自分が何者だったのかを探るストーリーだ。
 
そして、襲ってくる敵は天使。
通例では天使は人間の味方だけど、このゲームでは敵だ。
どうして敵なのかは、ゲームの中で語られるので、ここでは詳しく触れないでおこう。
 
天使が相手なので、気持ち悪い造形の魔物たちではなく、きらびやかな姿をした敵が襲ってくる。
無数の天使を倒した先に現れる最後の敵は果たして神か悪魔か!?
 
実際にゲームをプレイしてその結末をみてみたい。
 
 
■華麗なゲームシステム
 
ゲームシステムも特徴的だ。
 
「ウィッチタイム」
敵の動きを止めて攻撃のチャンスを作れる。
この技の使いどころを考えるのも面白い。
 
「トーチャーアタック」
様々な武器を呼び出して敵を「お仕置き」する。
お仕置きというところにユーモアがあっていい感じ。
 
「ウィケッドウィーブ」
なにをいっているのか分からないかもしれないが、魔女の力をつかって子分を呼び出すらしい。
どんな子分がでてくるのかは筆者もわからない。
 
「大魔獣召喚」
魔獣を召喚して天使をこらしめる大技だ。
どんな魔獣が出てくるかはゲームをやってのお楽しみ。
 
これらの技を駆使して、天使を倒すのだが、こんなに技があっても使いこなせないと思うだろう。
確かにその通り、華麗に技を決めて連続攻撃を敵にあてるにはそれなりの技術が必要だろう。
 
しかし、安心めされよ。
WiiUは初心者にも親切だ。さすが任天堂
ボタンを連打するだけで攻撃や回避を自動で行うアシスト機能が搭載されているのだ。
これで、アクションが苦手な人も安心してストーリーを楽しめるというわけ。
もちろん爽快感はそのままなので、ストレス解消にも最高だ。
 
 
■豪華声優陣
 
ゲーム中のイベントシーンでは美麗なムービーで物語を盛り上げる。
もちろんボイスも収録されていて、豪華な声優の方々がいい仕事をしているのだ。
 
主人公ベヨネッタは「田中敦子」さん。
鉄血のオルフェンズでは白スーツでかっこいい「名瀬」の第一婦人アミダ・アルカを演じていた。
色っぽい姉さんにはピッタリの声優さんだ。
 
そして、スナフキンを演じた「子安武人」さんは、ベヨネッタに敵対する謎の男を演じる。
 
さらに協力者のジャーナリストには「浪川大輔」さん。
石川五右衛門」の新声優に抜擢されたのは記憶にあたらしいところ。
 
声優さんの演技にもぜひ注目したい!
 
 
■ベヨ様の美しさ
 
そして、なんといってもこのゲームの主人公ベヨネッタの美しさに注目だ。
ベヨネッタ1」では長髪の長い髪がアクションするたびに揺れる。
スタイルも抜群なうえに、攻撃するときには、まるでバレエを見るかのような舞いがみられる。
その華麗なご様子は黒い天使…いや悪魔のよう。
 
そして、「ベヨネッタ2」ではバッサリと黒髪を切って登場。
メガネもよりお似合いになり、まさしくベヨ様と呼ぶにふさわしいお姿に。
よりセクシーになられたベヨ様を堪能して欲しい。
 
 
■まとめ
 
なんといってもこのタイプのゲームをWiiUでプレイできる機会はなかなか無い。
とても貴重なソフトといえる。
さらに世間の評判も良く、手に入れて損はしないゲームだろう。
 
プラチナゲームズが全力で制作した職人の技も見逃せない。
任天堂も協力したこの秀作ゲームをやらずに真のゲーマーといえるだろうか!
 
というわけで、よろしくお願いします!
 
<<< 読者募集中!
 
 

 
[2D]Excellent work of WiiU the "Bayonetta 2" you'll have bought a presentation to the wife!
 
Sopa!
You have pocket money?
 
Since the author is not a pocket money system, the state is basically no money.
How to buy the game to do in such a state?
But to the eagerly "want this" appeal to my wife.
 
So, it attempts to in the article appeal "This is want" this time.
 
Titled "presentation article to buy Bayonetta 2 to my wife," Dah!
 
 
Bayonetta What?
 
Stylish action game that made the Devil May Cry "Platinum Games" was developed in cooperation.
Since 2009 also released it before the game the other 7 years, avid fans often.
 
Devil May Cry, but was a popular and stylish hero, Bayonetta seems that further aimed at the dimension of the above.
Avoid brilliant enemy attack, pleasure to impress upon him the continuous attack would not taste in quite other game.
 
 
Bayonetta 2 WiiU dedicated
 
Bayonetta 2 as a sequel is a software-only WiiU.
Bayonetta 1 but was released in the XBOX360, PS3, why Bayonetta 2 is dedicated WiiU.
Why do not dare to pursue, but probably there is a deep reason.
 
Well, there is a nice benefits to such WiiU version.
What! It Bayonetta 1 has been shipped. Of course it WiiU version.
It is, only buy a single software, 1 and both of 2, mean that two pins can enjoy that.
 
It is not that generous!
Further three, such as "mushroom kingdom of Royal dress" Special collaboration costume can be worn.
Nice Nintendo feeling full!
 
 
■ or enemy Who?
 
Bayonetta is a witch.
But was also Dari depressed, I'm fine. But the witch.
No, but slightly different.
She has become the memory loss that woke up from sleep of 500 years.
Story to explore whether he was someone to rely on a faint memory.
 
Then, it hits come enemy angel.
But in the customary angel is a human ally, the enemy in this game.
Why is whether the enemy of the, so is told in the game, here let us not touch in detail.
 
Since the angel opponent, rather than a demon our feeling bad modeling, come hit the enemy was a glittering appearance.
The last of the enemy is really whether God or the devil that appear earlier defeated a myriad of angels! ?
 
I want to look at the consequences actually playing the game.
 
 
■ brilliant game system
 
Game system also a characteristic.
 
"Witch time"
To stop the movement of the enemy can make the chance of attack.
The interesting think about the use of far from this technique.
 
"Toe char attack"
To "punishment" the enemy by calling the various weapons.
I feel good if there is humor in a place called punishment.
 
"Wicked weave"
I may not know what to say what, but apparently calls a henchman by using the witch of force.
What kind of henchman to come out do not know even the author.
 
"Large beast summons"
It jackpot punish the angel to summon monsters.
Enjoy or is doing the game what kind of monsters come out.
 
By making full use of these skills, but he beat the Angels, I would think that it is not good command even if there is so much skill.
Certainly the street, to devote to the enemy a continuous attacks brilliant decided the technique would need some of the technology.
 
However, Mesare peace of mind.
WiiU is kind to beginners. Indeed Nintendo.
Assist function automatically performed are mounted only by attacks and prevent the roll of a button.
Now, why that action can enjoy the story also peace of mind not good person.
Because, of course exhilarating sense of as it is, it is also the highest in stress.
 
 
■ gorgeous voice actors
 
In the event scene in the game liven up the story in a beautiful movie.
Of course, the voice also has been recorded, he people of the gorgeous voice actor is a good job.
 
Hero Bayonetta "Atsuko Tanaka"'s.
In Orufenzu Blood and iron had played the first women's Amida-Arca cool white suit "Naze".
Voice actor's perfect for sexy sister.
 
And, he played a Snufkin "Takehito Koyasu" Mr. plays a man of mystery to be hostile to Bayonetta.
 
In addition to the co-workers of the journalist "Namikawa Daisuke"'s.
Had been appointed to the new voice actor of "Goemon Ishikawa" Where new to storage.
 
I also want to please focus on the performance of the voice actors!
 
 
■Master Bayo beauty
 
And, even if anything's attention to the beauty of the hero Bayonetta of this game.
Bayonetta 1 long hair long hair in the shakes every time the action.
Style also preeminent upon, at the time of attack, dance, such as if looking at the ballet can be seen.
Its brilliant your appearance is black angel ... no devil like.
 
And, it appeared off the haircut and black hair in Bayonetta 2.
Glasses also become more suits, just to your figure worthy to be called Master Bayo.
We want you to enjoy more. If sexy was Master Bayo.
 
 
■ Conclusion
 
Quite there is no opportunity to play than anything this type of game in the WiiU.
It can be said that the very valuable software.
In addition may be reputation of the world, it can be said that the game does not hurt to put in hand.
 
Platinum Games is not miss the craftsmanship that was produced in full force.
What can be said that true gamers to not do the Nintendo was also cooperation this excellent work game!
 
So, thank you!
広告を非表示にする